店舗利用との便利な活用

最近は、クレジットカードも買い物、サービス利用でポイントをためて、商品券などに変換するだけではなく、そのためたポイントを実店舗で利用できるようなサービスも始まってきました。利用者にとっては、非常に選択肢が広がって嬉しいところです。こうなるとポイントになるのはいかに複数枚所有しているクレジットカードを、自分のライフスタイルに合わせて最適な一枚を選ぶかというところに絞られてきます。これはもちろん、一長一短があってなかなかベストの選択肢が難しいと思います。わたしの場合は、数年前にクレジットカードを会社で利用する法人カードとプライベートで利用する合計2枚に絞りました。これでかなり、有効な使い方ができています。

クレジットカードの暗証番号

クレジットカードに暗証番号があるということを初めてクレジットカードを持った時に知らずにいました。この暗証番号、通常であればほとんど使用することはありませんが、キャッシングなどをする際には必ず必要となります。私は海外に行った時にどうしても現地のお金が必要だったので、クレジットカードを使ってキャッシングをして両替えしようとしたのですが、暗証番号を押さなければいけず、これをやってみると、1回目は異なりました。普段使っている暗証番号をうったのですが、違ったようです。これを3回異なる番号で繰り返したのですが、どれも間違えて、カードを再発行する羽目になりました。ちなみに現金は一緒にいた友人に借りて日本に戻ってから返しました。

楽天カードはフリーターでも作れるコスパ最強カード

フリーターですが、楽天カードをメインカードとして使っています。クレジットカードと言うと、やはりそれなりの安定収入がないと審査に通らないというイメージがあるかもしれません。しかし楽天カードなら、学生でも、フリーターでも審査に通るようです。聞いた話ですが、無職で申請して通った人もいるとか。しかも、楽天カードは年会費無料で、ポイント効率も圧倒的です。楽天市場での買い物はもちろん、コンビニや公共料金の支払いでもポイントが貯まります。私もそれほど高額な買い物をしているわけではないですが、気づけばポイントが数千ポイント貯まっていたりします。貯まったポイントで数ヶ月に一度、欲しいものを実質タダで購入しています。楽天カードは、まさに「コスパ最強」のクレジットカードだと思います。